コールセンターの4つの仕事内容とは?向いている人やメリットを解説

コールセンターの4つの仕事内容とは?向いている人やメリットを解説

コールセンターでの仕事内容に興味がある方の中には、

● 仕事がきつそう
● 向いている人と向いていない人がいそう

など、ネガティブな印象を抱いている方も多いのではないでしょうか。

しかしコールセンターの求人は、未経験者歓迎でシフトの融通が利きやすいなど、多くのメリットがあります。

そこで本記事ではコールセンターでの仕事に興味がある方向けに、コールセンターを運営するフューチャーコミュニケーションズが仕事内容や向いている人の特徴、メリット・デメリットなどを紹介します。

コールセンターの仕事に向いているか分からない方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

コールセンターとは?コンタクトセンターとの違いを解説

コンタクトセンターとは、電話だけでなくチャットなど文章での対応も行うセンターのことを指します。

コールセンターはマルチコンタクトセンターと呼ばれることもあります。

つまりコールセンターなのか、コンタクトセンターなのか言い方が異なるだけで、内容はそこまで変わりありません。

近年では電話だけ、チャットだけなど、明確な区別をつけないセンターが多いため、それぞれの適正に合った仕事が見つかるでしょう。

フューチャーコミュニケーションズが紹介するコールセンターの4つの仕事内容とは?

ここからは、コールセンターの仕事内容を4つに分けて紹介します。

コールセンターの求人に応募しようか迷っている方は、どのような仕事があるのか確認してみましょう。

■カスタマーサポートの仕事内容

インバウンドと呼ばれることも多いカスタマーサポートの仕事内容は、商品やサービスの問い合わせ対応をすることです。

お客様窓口をイメージするとわかりやすいでしょう。

カスタマーサポートの仕事には、商品やサービスの知識、正確に話を聞く能力が求められます。

また、お客様情報の入力など簡単なPC操作が必要になることもありますが、弊社のように研修が充実しているコールセンターであれば安心して仕事に取り組めるでしょう。

■アウトバウンドの仕事内容

アウトバウンドの仕事内容は、既存顧客に満足度や利用状況などを聞く仕事と、見込み顧客に商品やサービスを案内する仕事に分けられます。

カスタマーサポートが受電対応になるとしたら、アウトバウンドは自ら電話をかける仕事です。

直接売り上げアップに貢献できることがあるため、非常にやりがいのある仕事だと言えます。

■インサイドセールスの仕事内容

内勤営業とも呼ばれるインサイドセールスの仕事内容とは、電話やメール、Web会議システムなどを用いて見込み顧客にアプローチすることです。

顧客の課題をヒアリングした上で商談の機会を設けるなど、見込み顧客を育てる役割も担っています。

■データ入力の仕事内容

コールセンターの仕事内容は、電話やチャット対応だけではありません。

電話をしながら得たお客様情報など、データ入力の仕事も発生します。

正確にデータを入力するスキルが求められますが、仕事をこなすうちにコツを掴めるようになるでしょう。

フューチャーコミュニケーションズが紹介するコールセンターでの仕事に向いている人とは?

ここまで紹介してきたコールセンターの仕事ですが、どのような人に向いているのでしょうか。

ここからは、弊社が考えるコールセンターでの仕事に向いている人の特徴を3つお伝えしていきます。

■コミュニケーション能力の高い人

コールセンターでの仕事はお互いに顔が見えない分、相手の気持ちを読み取る能力に長けている人に向いているでしょう。

一般的にコミュニケーション能力の高い人の方が、コールセンターでの仕事に向いていると言われています。

しかし、臨機応変なコミュニケーションが求められる仕事だけでなく、用意されたトークスクリプトを正確に読む仕事もあります。

そのため、コミュニケーション能力に自信がなくてもそれぞれに合った仕事が見つかるはずです。

■問題解決能力が高い人

相手の話をよく聞き、問題解決に向けた提案ができる人はコールセンターでの仕事に向いているでしょう。

またお客様の悩みが解消することに喜びを感じる人も、コールセンターでの仕事に向いています。

なお、失敗した時に何がいけなかったのか振り返り、同じ失敗を繰り返さないよう努められる人にとっても、コールセンターでの仕事は適職でしょう。

■気持ちの切り替えが早い人

仕事内容によっては、クレームに対応しなければならないこともあるでしょう。

そのため、気持ちの切り替えが早く、一つの物事を引きずらない人もコールセンターでの仕事に向いています。

ほとんどの場合は商品やサービスに対するクレームなので、コールセンターのスタッフに非があるわけではありません。

一日に何本もの電話を取ったりかけたりするのが仕事なので、一喜一憂しない人には適職でしょう。

フューチャーコミュニケーションズが紹介するコールセンターで働くメリットとデメリット

コールセンターで働くことにどのようなメリット・デメリットがあるのか気になる方も多いでしょう。

ここからは、コールセンターでの仕事に興味がある方向けに、働くメリットとデメリットを紹介していきます。

■コールセンターで働くメリット

まずはどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

ここでは4つのメリットをお伝えするので、参考にしてみてください。

・シフトの融通が利くことが多い

コールセンターの仕事は、シフトの融通が利くことが多いため、主婦や学生に人気があります。

主婦の場合は家族が仕事に出ている日中だけ、学生の場合は授業が少ない曜日だけなど、ご自分の都合に合わせてシフトを組んでいただけます。

また、フル勤務も可能なためがっつり稼ぐことも可能です。

それぞれの都合に合わせて働けるのは、コールセンターならではのメリットだと言えます。

・服装や髪型が自由

コールセンターでの仕事は、お客様と対面する必要がありません。

そのため服装や髪型は自由です。

仕事のために好きなファッションを諦める必要がないのは、コールセンターで働くメリットだと言えます。

・お客様対応など一般的なスキルが身に付く

電話やチャット業務がメインとなるため、話し方や声のトーン、言葉遣いなどに気をつけなければなりません。

たくさんのお客様と会話するコールセンターでの仕事をこなせば、自然にお客様対応スキルが身に付くでしょう。

社会人として生きていく上で恥ずかしくないスキルを身につけられるのも、弊社のコールセンターで働くメリットです。

・未経験でも研修があるため安心

弊社のコールセンターは、未経験者が安心して働けるよう研修を行なっています。

これまでの経験に捉われず、新しいことにチャレンジできるのはコールセンターの仕事ならではです。

案件によっては一定の期間で違う商品やサービスを担当できるため、経験値も上がるでしょう。

■コールセンターで働くデメリット

コールセンターで働くデメリットは、クレーム対応にあたる可能性があるということです。

しかし先ほどお伝えしたように、そのほとんどは電話を取ったスタッフに非があるわけではありません。

弊社のコールセンターは、対応が難しい場合リーダーにフォローしてもらえるような体制を整えています。

そのため、一人でトラブルを抱え込まず仕事に取り組んでいただけるでしょう。

まとめ

本記事ではコールセンターでの仕事に興味がある方向けにフューチャーコミュニケーションズが、仕事内容や向いている人、メリット・デメリットなどを紹介してきました。

コールセンターの仕事内容は電話対応だけでなく、チャット対応もあります。

そのため電話が苦手な人でも、ご自分に合った仕事が見つかるでしょう。

弊社のコールセンターは未経験者を歓迎していて、研修制度が充実しているため安心して働けます。

同じ失敗を繰り返さないように努力できる人は、コールセンターでの仕事に向いているでしょう。

その他、コールセンターでの仕事はシフトの融通が利いたり、服装や髪型が自由など、たくさんのメリットがあります。

少しでもコールセンターでの仕事に興味がある方は、フューチャーコミュニケーションズの求人にご応募ください。

たくさんの応募をお待ちしております。

★フューチャー・コミュニケーションズの応募ページを見る★

ページの先頭へ